Word2Vecでできること

IT
この記事は約2分で読めます。

f:id:oyoshiyoshi:20180920154921p:plain

こんにちわ、oyoshiです.

今回記事にするのは「Word2Vec」という仕組みについてです.情報系の学生の方であれば聞いたことある人もいるかもですが,ほとんどの人が聞いたことがない言葉でしょうね.かくいう自分も聞いたことあるけど詳しくは分からないって感じだったので( ´∀` )

Word2Vec」とは,簡単に言うと”各単語の意味をベクトル化する“ことです.「、、、は?」ってなりますよね.ベクトル化というのは,各単語がある数値いくつか持ってるって感じです.具体的には以下のような感じです.

  • リンゴ:(0.5, 0.3, 0.0, 0.7)
  • ミカン:(0.6, 0.1, 0.0, 0.7)
  • コンピュータ:(0.1, 0.7, 0.6, 0.0)
  • AI:(0.2, 0.8, 0.5, 0.0)
  • 人間:(0.0, 0.5, 0.3, 0.0)

これは4次元ベクトルの例になります.各単語の数値を見てみると,”リンゴとミカン”,”コンピュータとAI”が近いですよね.こういった数値をもとに,Word2Vecでは「単語間の意味の近さ」,「単語間の足し算,引き算」を計算することができます.

そのためWord2Vecを用いると,人間が脳で処理するようなものをコンピュータにやらせることができます.「リンゴとミカンは果物だから」とか,「コンピュータとAIは関連性が高い」とか,人間が当たり前に思うことをWord2Vecを利用することで,コンピュータでも同じようにやってくれるのです.

ただWord2Vecを使ってみようとすると,「単語のベクトル化」,「言語モデルの作成」など,結構専門的知識も必要になってくるので,ここから先は別で書くことにします(一気に書きたくない、、、)

では今日はこのへんで(*__*)

www.photo-ac.com

おーよしの紹介
院卒Webエンジニアマン

「プログラミング」や「開発技術」,「大学院の苦労話」について情報発信してます.これからのIT時代を生き抜くため,自分のスキルを磨き続けます.将来は起業できたらいいなという思いがあります.

oyoshiをフォローする
スポンサーリンク
IT アルゴリズム プログラミング 情報工学
スポンサーリンク
にほんブログ村に参加中(^~^)
PVアクセスランキング にほんブログ村
おーよしぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました